学者たちを駁して

人文書中心の読書感想文

2017年を振り返る(音楽篇)

2017年に聴いた音楽を聴いた順番に並べてみた。

2017年に聴いた音楽
アーティスト名 タイトル
HYUKOH Panda Bear
HYUKOH 20 - EP
A Tribe Called Quest We got it from Here... Thank You 4 Your service
Brian Eno Reflection
CODE KUNST MUGGLES' MANSION
テヨン I - The 1st Mini Album - EP
長岡成貢 PURPLE
A Taste of Honey A Taste of Honey
Jah9 9
Lee Fields & The Expressions Special Night
相対性理論 TOWN AGE
THE BAMBOOS You Ain't No Good
でんぱ組.inc サクラあっぱれーしょん - EP
でんぱ組.inc WORLD WIDE DEMPA
でんぱ組.inc WWDD
Erykah Badu Baduizm
Anthony Hamilton Comin' From Where I'm From
あるぱちかぶと ◎≠
YungGucciMane JADE
Suchmos THE KIDS
Luedji Luna Um Corpo no Mundo
The xx I See You
John Legend Darkness and Light
Ed Sheeran +
Julie Byrne Not Even Happiness
Guts Paradise for All
Various Artists 加山雄三の新世界
Spoon Hot Thoughts
水曜日のカンパネラ SUPERMAN
Childish Gambino Awaken, My Love!
竜人25 DUET - EP
Parcels Overnight
Jamiroquai Automaton
Jose James Love In a Time of Madness
Sampha Process
空中カメラ Dr.KIDS LIFE
Thundercat Drunk
サニーデイ・サービス DANCE TO YOU
iri Watashi
Tuxedo Tuxedo II
Lukas Graham Lukas Graham
電気グルーヴ TROPICAL LOVE
Ed Sheeran ÷
Gorillaz Humanz
HYUKOH 23
SEEDA 花と雨
Dragon Ash MAJESTIC
左とん平 とん平のヘイ・ユウ・ブルース
かまやつひろし あゝ、わが良き友よ
Mary J Blige Strength of a Woman
辻井伸行 リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調 / ラヴェル:夜のガスパール
キミドリ キミドリ
Alfred Beach Sandal + STUTS ABS+STUTS - EP
Calvin Harris Funk Wav Bounces Vol. 1
STUTS Pushin'
Train a girl a bottle a boat
Gorillaz Demon Days
Gorillaz Plastic Beach
水曜日のカンパネラ クロールと逆上がり
Cornelius FANTASMA
Curtis Mayfield Something to Believe In
Shunské G & The Peas PEAS OF MIND
Vibrazioni Productions Espressione Globale
Phoenix Ti Amo
Jamiroquai Dynamite
原田知世 音楽と私
Curtis Mayfield Curtis
小沢健二SEKAI NO OWARI フクロウの声が聞こえる
ちゃんみな CHOCOLATE
Lianne La Havas Blood
堀込泰行 エイリアンズ (Lovers Version)
のん エイリアンズ
堀込泰行 GOOD VIBRATIONS
Ida Nielsen Sometimes a Girl Needs Some Sugar Too
Common & John Legend Glory (From the Motion Picture "Selma")
Keith Sweat Dress to Impress
竜人25 WIFE
サニーデイ・サービス Popcorn Ballads
PUNPEE MODERN TIMES
Migos Culture
Ruby Francis Traffic Lights
山下達郎 REBORN
Weezer Pacific Daydream
Izzy Bizu A Moment of Madness
Ibeyi Ash
T-Groove Rollers Skate EP
N.E.R.D No One Ever Really Dies
Kendrick Lamar DAMN.

総括

全部で88枚。去年は39枚だったので倍近くの枚数を聴いたことになる。
2017年に一番聴いたアルバムは↓

Calvin Harris - Funk Wav Bounces Vol. 1

open.spotify.com

で、特にSlideRollinSkrt On Meの3曲は目覚まし時計に吹き込んでいたせいもあって、鳴ると即座にもう出勤時間だと勘違いして思わず体が身構えるぐらいには聴き込んだ。

聴取の媒体はこの一年で完全にストリーミングに移行した。Youtubeで音楽を聴くことはほぼ無くなった。ストリーミングサービスはこれまでずっとApple Musicを使っていたが、9月からはSpotifyをメインに切り替えた。今のところ両者を並行して使っているけれども、コストのことを考えるといずれはどちらかを切り捨てることになるだろう。

楽曲のアーカイブはAppleMusicの方が若干充実している*1のに対して、SpotifyはプレイリストやSNSの機能が優れている。個人的にはデータベースの充実度よりも未知の音楽との出逢いのチャンスを重視したいので、多分Spotifyの方を残すことになると思う。

とは言え、マンガと同じく音楽もまた、今年はランダム刺激に身を委ねたせいか、自分から積極的にまだ見ぬ音源を“狩り”に出かける機会はほとんど無かった。新譜の主要な情報源も結果的に以下の三つにほぼ限定されることになった。

今年の前半は『ミュージック・マガジン』の新譜欄を、5月から7月末にかけてはフジロックの出演アーティストの新譜を中心に聴いていた。2017年はフジロック*2清竜人25のラスト▽コンサートのような大規模な音楽イベントだけに留まらず、都内某所で行われたJanusz Olejniczakのコンサートやベヒシュタイン・サロンでの企画のような演者と観客の距離が近いアットホームなイベントにも参加できたのが良かった。

そして、荒木町のREVO*3には年間通じてノンジャンルで新旧の色んな良い曲を教えてもらい本当にお世話になった。そう言えば、2017年心のベストテン第1位は週末の深夜にカウンターの隅っこで酩酊しながらよくかけてもらったこの曲だった。

堀込泰行 - エイリアンズ(Lovers Version)

エイリアンズ(Lovers Version)

エイリアンズ(Lovers Version)

2018年も引き続き良い音楽が鳴っている場所に足を運ぶようにしたい。

過去記事

rodori.hatenablog.com

*1:SpotifyにはないCurtis Mayfiledや2017年に復活した小沢健二の楽曲がApple Musicにはアーカイヴされている。

*2:

*3: